よく遊び、よく考える 子どもたちと一緒に。

メンバー紹介

私たちが、放課後を創造力を育てる時間にします

私たちはこれまで、芸術教育のワークショップや、学童保育室でのボランティア、教育に関する研究などを行ってきました。その中で、放課後の時間に子ども達が創造力を育み、数多くの発見をする姿を目にしました。

「放課後が、創造力を育てる時間に」そんな考えが当たり前になる社会をつくる、それが私たちの決意です。

代表 五十嵐みほ

群馬県高崎市生まれ。カリフォルニア大学スタニスラウス校卒業。首都大学東京大学院博士後期過程所属(文化人類学)。 65c4888f3a713442a1553ffc45d19b91a6208efe

昔話と子どもの教育について研究。現在も青森県津軽地方と東京都内で昔話の調査をしながら、アート教育にも関心を広げ、「子ども」・「教育」・「アート」・「物語」をキーワードに研究を続けている。

また、語り手(ストーリーテラー)の養成講座や、(株)ラボ・パーティのテューター・スクールでの研修など、教育の実践活動でも積極的に経験を積む。

2014年、任意団体パコモを立ち上げ、これまでの研究を基に、「物語」やアートを活かしたより豊かな教育のあり方を求め、広めるために活動を始める。

副代表 海老原直矢

千葉県我孫子市生まれ。上智大学、首都大学東京大学院修士課程卒業(文化人類学)。ebi

在学中に子どもたちに芸術をつうじた「つながり」を提供とする団体「Arts for Young Audience」を設立、代表を務める。

我孫子市を中心として世界各地から芸術家を招き、観劇会・ワークショップを行うとともに、ドラマセラピスト ブライアン・ジョーンズ氏の指導を受け、演劇をテーマとしたワークショップの普及に努める。

2014年、任意団体パコモ立ち上げ。

お問い合わせはこちら

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 学童,子ども,体験,遊び,アート,東京 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.